交通事故の後遺症と歯科との関係

交通事故によって様々な後遺症が発生します。一般的に事故による傷害といえば打撲や捻挫ひどければ脱臼や骨折中には内臓の損傷など色々あり、それらをまとめると外傷というものになります。このような外傷は病院や専門医、歯科などでしっかりとした検査と治療を施してもらい回復に向かって努めていけばいいのですが、日常生活での怪我と違い交通事故はとてつもなく大きな力によって発生しているので、中には一筋縄では治らないものもあります。その中の一つに顎の歪みによる咬合不全があります。人は何かにぶつかったりする時に咄嗟に歯を噛み締める性質があり事故を起こした時は大抵口腔内に異常をきたします。そんな時は歯科に行き専門的な治療を受け治すことが重要です。

交通事故で歯を痛めてしまった

交通事故で歯を痛めてしまう方は少なくありません。さぞかしショックが大きいことでしょうが、歯が折れたり抜けたりしただけでなく、差し歯や義歯、被せなどの損傷ももちろん、交通事故での自賠責保険の対象になりますので、歯科できちんと治療するようにしましょう。保険が使えることを知らず説明しなければ、通常の治療の対象となってしまいますので、必ず歯科で説明するようにしてください。また、痛みがひどく我慢できない場合などは、夜間診療を行っているところもありますので、検索サイトやHPなどで探して治療を受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP