交通事故による歯科治療

交通事故によって歯を失ってしまった場合でも、歯科インプラント治療を受けることができます。またその際に掛かった費用などを裁判で争う場合には、きちんと弁護士に相談し、必要な場合には診断書などの各種書類を用意することもあります。そもそもインプラントとは心臓のペースメーカーなどといった医療機器を体内に埋め込む治療法を指します。つまり歯科インプラントとは、失ってしまった歯の代わりに、顎に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法のことです。このインプラント治療は平成24年から、限定的ではありますが、健康保険の適用対象となりました。しかしその費用はいまだ高額となっています。

交通事故で歯が折れたら

交通事故で歯が折れたら、歯科を受診しましょう。当然ですが、保険の対象になります。問題は、インプラント治療が認められるかどうかです。インプラント治療は、多くのケースで保険の適用外になるので、30万円を超えることも珍しくありません。交通事故で歯が折れて、歯科でインプラント治療をしたときに、全額の損害賠償が認められるかどうかについては、裁判例もいくつかあります。インプラント治療が最適である場合には、認められる可能性が高いです。しかし、素人では判断が難しい問題でもあるので、なるべく弁護士に相談をしておきましょう。

↑PAGE TOP