最近の歯医者の治療法

最近の歯医者では出来てしまった虫歯の治療だけでなく、虫歯が出来にくくするための治療が盛んに行われています。実は虫歯が出来る原因は人によって様々なので、唾液検査によって何故虫歯が出来てしまうのか調べて原因によって適切に対応するといった方法があります。また虫歯になってしまった場合でもなるべく歯を残しておく、削らない治療法が主流になってきています。マイクロスコープなどを使い顕微鏡を見ながら治療することによって、必要以上に歯を削らない治療が可能になっています。

↑PAGE TOP